So-net無料ブログ作成
-| 2013年02月 |2013年03月 ブログトップ

冷え性と肥満 ダイエット [冷え性と肥満 ダイエット]

冷え性から来る肥満とは?

あなたはご存知でしたか?


私は知りませんでしたが実際に私がそれでした。

冷え性の改善が出来て体重が6キロダウン


100キロの人の6キロとかではなく

私の去年最高体重が66キロなので約9%のダウン

現在も毎日体重減少しています。


食事から冷え性が改善し運動量が増えたことでの

効果も入った肥満解消になっていると思います。



過去の関連記事

体を冷やさない食事 料理工夫
http://illbeback3.blog.so-net.ne.jp/archive/c2303712189-1



前回詳しく書いていなかったので

改めて書きます。


私がした運動内容は

ラジオ体操、ストレッチ、腹筋、腕立て、

ぶら下がり健康器、3キロから5キロの散歩


筋肉、インナーマッスルが鍛えられると

脂肪燃焼効率が高まるそうです。



運動ではありませんが仕事中の肩回し、深呼吸、瞑想も

取り入れています。



キツイ冷え性の症状が出ている時は

毎日、悴んでガタガタ震えて動くのも嫌で

出来ませんでした。



私も最初はイメージトレーニングからでした。

頭の中で「血行が良くなる、血の流れが良くなる、

体が温かくなって来たーーー」って感じ!



そこから食事を徐々に改善し少しずつ運動を取り入れて

行きました。


冷え性キャリアの長い人は少しずつコツコツと取り入れて

行くのが良いと思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

内蔵型冷え性 改善 予防 ウォーキング [内蔵型冷え性 改善]

以前テレビ番組で紹介されていた内蔵型冷え性


内蔵型冷え性はお腹の中が冷たくなる冷え性


それ以外に

四肢末端型冷え性:手足の先が冷たくなる冷え性

下半身型冷え性:下半身中心に冷たくなる冷え性


色々なタイプが言われていますが

私が冷え性だった頃は体全体が冷えていたので



内蔵型冷え性、四肢末端型冷え性、下半身型冷え性と

全てですね



個人的には内臓の冷えが手足・下半身に回っていると

思っています。


その全てのタイプに当てはまる冷え性だった私が

改善させた方法のひとつがウォーキング



室内ではインナーマッスル(腹筋や腕立てのように筋肉トレーニング)を

鍛え外では太陽の光を浴びながらウォーキング


筋肉を付ければ脂肪が燃焼しやすい体質になるし

冷え性にも効果があるようです。


それでは

(^^)v


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

お腹の冷えと便秘

冷え性からの便秘

私が冷え性に悩まされていた時の

嫌な症状 便秘


一番、疲労が溜まるパターンは


数日便秘から下痢

そしてまた便秘

その繰り返し



一般的に便秘解消法と勧められる食事方法が

①水分をたくさん取る

②ヨーグルト、乳製品を多く摂る

③生野菜を食べる

他です。



しかし上記全てがお腹を冷やす方法

冷え性から便秘になった人に取っては

殆ど効果が見られず悪循環になりそうです。


過去記事にも書きましたが

体を冷やさない食事 料理工夫



私は水分摂取、野菜ともに工夫して食べました。



私は基本的に色々な意味でクスリが嫌いなので

便秘薬はNG



私は内臓を冷やさない、体を冷やさないことで

便秘解消できました。



私が便秘で気を付けていることはまた別の機会に書く予定です。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

室内での冷え性 対策 エアクッション プチプチです。 [冷え性 冷気予防 ツール]

私が今年の冬から導入したもの

エアクッションいわゆるプチプチ

それを窓に貼って断熱効果を高めること



健康ものテレビからの受け売りですが我が家では

絶大な効果発揮



我が家は築22年の木造住宅です。



窓はペアガラスではなく1枚ものの薄いガラス

和室以外、フローリング



一番の目的は冷気を進入させにくくすること



具体的には

まず窓にエアクッションを張る

窓からの外気、冷気がかなり入っていたので

断熱効果アップ。

※厚めのカーテンも効果的



床板(フローリング)と壁の隙間を埋める

ドアを閉めた時の壁との隙間を埋める



我が家の例で言えばこれだけでも室温が2・3度アップ



私は乾燥からの喉荒れが嫌いで暖房エアコン、石油ファンヒーターが

苦手なのでこの方法で殆ど暖房は使用していません。


エアクッション、プチプチさんに感謝です。


(^^)v




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

体を冷やさない食事 料理工夫 [冷え性 食事 料理工夫]

私が

食事で体を冷やさないように気を付けている事


一般的に果物と野菜は体を冷やすと言われています。

しかし果物のビタミンCは風邪予防になるので摂りたい

サプリメントは嫌

市販の果物ジュースも嫌


そこで私が工夫している方法

果物はミキサーでジュースにして

温める


みかんはホットオレンジです。

その時に蜂蜜と生姜を加えたり

味を変えて飲んでいます。



野菜は絶対にサラダでは食べずに

鍋料理が中心


または電子レンジでチン

最近、凝っているのはニンジンを輪切りにし

2分間ほどチン

そうすると少し固めなので口の中で嚙む回数も

増え脳にも良いと思います。


りんごだけはホットジュースにしてもおいしくないので

そのまま食べていますが

できるだけ租借する回数を増やして

口の中で温めてから飲み込むように

しています。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

末端冷え性の改善予防 [末端冷え性の改善予防 ]

末端冷え性の改善予防 


私が末端冷え性の改善予防に行っていることです。 

ざーと書きます。



首にネックウォーマーかマフラーを巻く

ヒートテックや遠赤外線などの下着を着る

腰に100円カイロを張る

腹巻をする

体を締め付ける衣服は着用しない



入浴時に炭酸入り入浴剤を入れる

指先・足先のツボマッサージをする

1日3キロから5キロの散歩 ウォーキング

足湯 半身浴をする



陽性の食べ物を摂る

冷たいものを食べない

野菜は温野菜にして食べる

鍋料理をよく食べる

料理に生姜をすって入れる



寝る前に寝室を暖房で温かくしておく

布団乾燥機で布団をポカポカにしておく

夜更かししない

朝は早起きする



ストレスを貯めない

血の巡り 血流をよくする



大体こんな感じですね

末端冷え性改善の詳細は後日 更新していきます。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

自己紹介 健康オタクの幸福キツネです。 [自己紹介 初投稿]

私のハンドルネーム:幸福キツネの由来は

二十歳の時、大阪でよく当たる占いの人から

「あなたは○○大社のキツネさんに守られている 感謝しなさい」と

言って頂いたことからです。



早速ですが私は20歳くらいまで

自他共に認める虚弱体質でした。



13歳の成長期までは特に酷かったです

なんとか成長期から体質改善したお陰で普通の生活が

できるようになりました。



しかし社会人になってから暴飲暴食、運動不足、夜更かし、徹夜など

健康管理を全く無視した好き放題の生活。



そして私の人生最大の危機が30歳の時にやってきます

難病「潰瘍性大腸炎」を発症!

これはダラシナイ生活を続けた天罰ですね


潰瘍性大腸炎 


そうです。

自民党の安倍 晋三首相が前回退任した時の大きな理由になった病気です。


発病原因、治療法も分からない厚労省が認める難病指定になります。


後日に詳しく書きますが闘病期間は悲惨で最悪症状の時は

「もう駄目かも・・・」と思ったくらい



そこから私の人生最大の転機

専門の病院にも通院しましたが最終的には自分なりに

独学で勉強し食事・生活改善・健康管理をし


感動の「根治」(^^)v



潰瘍性大腸炎と言うのは厄介な病気で絶対に完治しないとも

言われています。



理由は症状が治まったと思っても少し油断するとすぐに再発すること

中には1年に1回症状悪化で入院する人も多いそうです。



私も数回の再発はありましたが発症から2年以降

今まで18年間再発も軽い症状も一切なし!



大腸がんリスクも高まると聞きましたが

昨年の健康診断でも大丈夫でした。



有難い事に今では普通の健康な人と全く同じ状態です。



簡単に書きましたが発症から根治までの2年間は

血のにじむ様な勉強と努力をしてきました。




私が潰瘍性大腸炎を発症した原因のひとつに冷え性体質が

考えられます。



実際に私が勉強した書籍の多くは「冷えは万病の元」と言われる内容が

書かれています。



例で言えば「人間は体温が1度下がると免疫力が30%低下する」など

冷え性は怖いそうです。



本ブログではそのような冷え性体質の改善方法

食事内容、運動、健康管理、ストレス管理、

潰瘍性大腸炎以外に私が患った病気など

健康に関わる多くのことで

人の役に立つ記事を書いていくつもりです。



それではまた次回


(^^)v

nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

-|2013年02月 |2013年03月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。